読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あいつがやったらイイって言うから…

実際に体験したことをまとめてます LINEスタンプ… 撮影… アプリの作成…

シェアハウスな生活 たこ焼き焼いた

2016.1.11

中野会なんて名前を付けて、しずちゃんなっちゃんと呑んだりするのだけど、前回は僕の住んでいるシェアハウスで呑んだ。
 
 
中野会しますか?なんて連絡を取り合って、今回も我が家でやることが決まった。
鍋にしようか?焼肉にしようか?
云々やりとりがあって、たこ焼き機が我が家にあることが判明して、たこ焼きをやる事に決まった。
材料はしずちゃんなっちゃんが来る途中に買って来てくれた。
 
たこ焼きパーティが始まった
f:id:iwai_masaharu:20160116150559j:imagef:id:iwai_masaharu:20160116150609j:image
 
思ったよりも美味しくて、そこらのお祭りに出せるぐらいの味にはなっていると思った。
f:id:iwai_masaharu:20160116150641j:image
美味しい物でもすぐに飽きてしまうのが人間さがで、きゅうりを入れたり、明太子を入れたりと遊び出す。
ここで止めておけば良かったのに、抑止力になる人がいないから、今度はワサビやタバスコを入れ出す。
ロシアンたこ焼きでつまらない生活に一服の清涼感をもたらしゆるゆる夜は更けて行き、住民はパタリパタリと眠り出し、興味のないテレビを見て、ポツリポツリと会話をして、午前3時になろうかという時になっちゃんしずちゃんは立ち上がり、僕も一緒に外まで送って行く、美味しいご飯に愉快な人々こんな生活も悪くないなぁと、2人の背中を見つめながら思いました。
 
 
 

あけまして、あけまして、あけまして、

2016.1.1

あけまして、あけまして、うるせぇと思ったら2015年が終わり、2016年になっています。
新居での年明けは初めてで、ノラくん、グラくんの3人でゆるりと過ごした。
ノラくん、グラくんは香川県の出身で、それはうどん県の出身でもあるのだけど、年越に「そば」ではなく「うどん」を伝統的に食べるらしい。
冗談だと思ったが本当らしく、手際よくうどんを作ってくれた。
 

f:id:iwai_masaharu:20160107125608j:plain

 
うまい。
うまいんだが、な〜んか違う、年越しは「そば」を食べるべきだと小さい時から培った身体がそう伝えている。
 
新年を迎えて、近所の神社、「西町天神北野神社」へ行った。その神社は神主さんもいないし、おみくじもない。町内会の人が数人で呼び込みと甘酒を配っている。
大きい神社ならいくらでもあるが近い神社はここだけだ。

賽銭を入れて手を合わせる。
甘酒を一杯貰って、てくてくと家へと戻る。

紅白も格闘技もダウンタウンも見てないけどこんな年越しもいいものだ

それにしても今年の冬は暖かい。
 f:id:iwai_masaharu:20160116145818j:image
 

LINEスタンプ 嬉しい出来事

LINEスタンプの販売が開始してから早半年。

スタンプ長者になるはずが売り上げは思うように伸びず、鳴かず飛ばずのスタンプ生活を送っていると、モチベーションを保つ事ができなくなってきます。
 
そんな中、叔父の還暦お祝いに親戚が集まる機会があり、その中にいた、父のいとこの子供、はとこ?に私の発売しているLINEスタンプ「ウクレレ」を見せると、徐々にハマりだし、ノートに「ウクレレ」を描くようになりました。

f:id:iwai_masaharu:20150503040319p:plain

小学一年生なのであまり上手に描けないのですが、一生懸命描いてくれる。
私の作った、なんだかわからないキャラクターをアンパンマンドラえもんの隣に描いているのを見て嬉しい気持ちになりました。
この子が学校で「ウクレレ」を書き続ければ、それを見た友達が羨ましくなり、奇跡の連鎖反応が起き、一大ムーブメントが起きるやもしれない。
LINEスタンプ長者の夢はまだ捨てたもんじゃない!
なんて夢物語を夢想しながら家路に着きました。
 
つい先日、その子から年賀状が届きました。

f:id:iwai_masaharu:20160108012426j:plain

年賀状にウクレレを描いてくれているのです。

新年早々こんな嬉しいことがあるでしょうか!


 

LINEスタンプ「ウクレレ」販売中!!

store.line.me

 
 

うすた京介展に行って来ました

去る1月5日に「すごいよマサルさん」「ピューと吹くジャガー」でお馴染みのうすた京介先生が原画展をやると聞きつけて駆けつけました。

 

サイン券は即完売!?

1月4日より、最新作「フードファイタータベル」の購入者、先着100名にサイン会に参加できる権利が貰える特典がありました。
あいにく、1月4日は予定があり行けなかったのですが、もしかしたらと、1月5日に行きましたが、特典配布は終了してました。うすた先生の人気を改めて実感!
セクシーコマンドー外伝 すごいよマサルさん」は長らく低迷していたギャグ漫画界に革命を起こし、日本中のジャンプ愛好者のはらわたを捩れさせました。
私も腸捻転になる直前まで笑わせてもらい、学校では「エリーゼの憂鬱」をやっていたほどです。
 

いよいよ うすた展!

今回の原画展は中野ブロードウェイ内の pixiv Zingaroで行われました。
会場は思ったよりも小さく、流してみれば5分程で見れてしまう規模。
外壁にはマサルさんジャガーさん、タベルが描かれたパネルがありワクワク感を増幅させてくれます。
 

f:id:iwai_masaharu:20160108014927j:plain

 
中に入り、まず目に飛び込んでくるのはマサルさんエリーゼの憂鬱をしている顔出しパネル!
もちろん写真をパシャり!

f:id:iwai_masaharu:20160108012427j:plain

 
そこから、うすた京介先生の作品「すごいよマサルさん」「武士沢レシーブ」「ピューと吹くジャガー」などの原画を堪能できるエリアになります。

f:id:iwai_masaharu:20160108012428j:plain

他には、ハミデントの実物大人形や書き下ろしの絵も見れます。
物販購入者カウンターの横にはうすた先生がライブペイントで描いたパネルに先生へのメッセージを書くことが出来ます。

f:id:iwai_masaharu:20160108014926j:plain

もちろん私もメッセージを書き残しました。
 
あまり誰にも指摘されていませんが、私が発売しているLINEスタンプのオリジナルキャラクター「ウクレレ」の洋服はジャガーさんが来ている洋服の柄と同じ物を着ています。

f:id:iwai_masaharu:20150503041249p:plain

パクリではありません、オマージュを捧げているのです。
今回その報告が出来る大チャンスだったのにも関わらず失敗に終わりました、次回があるのならば、たとえ全裸であろうとも駆けつけたいと思います。
 
大満足の原画展にて、最新作「フードファイタータベル」を購入して、家路へ急ぎ早速タベルを開き、腸捻転になりかけました。
 
LINEスタンプ「ウクレレ」販売中!

シェアハウスな生活 週末は

2015.12.17

週末は必ず誰かが来ていて、今日はノラくんの大学の同級生のうめくんとよしくんが来ている。
 
ひとり早く仕事が終わった僕は家へ帰り、ヨガをやっていると、ノラくんが帰って来た。
グラくんが帰って来て、すぐに少し緩んだネクタイに濃いブルーのスーツを着て何処か、所帯染みたうめくんがやって来た。
うめくんは嫁も子供も居て川崎に所帯を構えているのだ。
グラくんが同期と呑みに行くと出て行き、代わりによしくんが来た。
よしくんは前髪に若さを漂わせていて、大学生と言われれば十分通じる容姿だ。
 
ノラくん、うめくん、よしくんは、建築家の同期で、話題はなんとなく、建築関係だ。よくわからない会話を聞き流しつつ、週末にやらなくてはならない仕事をする。
仕事は自室でやればいいのだけど、よほど集中しないと出来ない仕事以外はリビングでやっている。
横耳で聞いてたまに入ったりすると、進みはイマイチだけど、ストレスフリーだ。
明日、明後日と作業出来るので、ほどほどに止めて、風呂へ入ると、既にノラくんが寝ている。

f:id:iwai_masaharu:20160106180602j:plain

 
※写真は玄関外にあるシャンデリア
この家を作ったオーナーさんもほとんど点けないと言っていました。

シェアハウスな生活 シェアハウスはいいんだよ

2015.12.17

シェアハウスを始めて2週間、一人暮らしと比較して良いところはたくさんあれど、悪いところは一切ない。
 
「誰だよ!俺のプリン食べたのはっ!」みたいなことが起きると思っていたけど、僕がお菓子や飲み物を買う時は少し多く買って、誰でも食べていいよ、と言うスタンスを取っているし他のみんなもそんな感じでやっている。
極端なことを気にする人がいたり、限度を知らない人がいたりすると、問題が勃発しそうだけど、みんな、ゆる〜くおおらかな人たちだから問題なさそうだ。
 
みんなで買うものに関しては一つのルールを設けた。
●みんなで使うものはレシートを取って置いて、月末に精算。
 
作ったルールはこれだけ。
ルールなんて無いに越した事はないのだ。
 
シェアハウスをする前に揉めそうだと思っていたことは沢山あって、例えば、お風呂やトイレの順番待ち。例えば、お風呂や共有スペースの掃除。例えば、ゴミ出し。
いろいろ心配はしていたのだけど、始まってみれば、まったく問題なし。汚いと思った時は僕が掃除するし、いつの間にか、誰かがやっている時もある。ストレスを感じないで生活出来ている。
 
良いところを、考えて見ると、とにかく楽しい!
これに尽きるのだけど、帰って誰かがいてバカ話しが出来るのはいいものだ。
バカ話の中にキラリと光るアイデアが埋まってる予感もする。
岡本太郎ピカソなどが集まっていたパリのカフェ。
そうゆうコミュニティから新しいものが生まれていくのは自然な流れの様な気がする。
 
このシェアハウスを通じて面白いことが発信できることを願いつつ楽しいく生活を続けたい。
 
 

シェアハウスな生活 数日が過ぎ

2015.12.11

タミヤくんがギターを弾いている横で、ノラくんが音楽を作っていて、僕がヨガをやっている。
そんな自由な空気感の中でゆるゆるとしかし、新鮮に日々が過ぎて行く。
 
そんな中グラくんがついに帰って来た。グラくんは日光で泊まりの仕事だった為、住むようになってから来るのは初めて。戻って来て早々にケータイを忘れた事に気付き、僕のケータイから方々連絡している。
新しい家に興奮気味なのとケータイが無い傷心が入り混じってか、妙にテンションが高い。「今日はうちで宴会しよう!」と言ってまた、外へ出ていった。
 
その後、ばたばたと用事を済ませて、家へ戻ると、Uさん、ノラくん、ノラくんの彼女のユイちゃん、グラくんが居て、夜どうしようかぁなんて話してる。鍋にしようか、たこ焼きにしようか、外に食べに行こうか。
と、しずちゃんなっちゃんからラインが来た。
僕ら3人は、2ヶ月に1回くらい集まっては、呑んだりしている、呑むのは決まって中野だが、毎回知らない人が参加している。初めて集まった時は、隣に居た、はぎわら。
はぎわらは海外のコンサルみたいな仕事をしていて、そのまま2軒目も一緒に行き、盛り上がった。
次は、立ち飲みの丸テーブルで一緒になったサトルくん。元ホストで今は、ラインの宅配をやっている。ノリのいい男で終電まで盛り上がった。
次は、なっちゃんが連れてきた、Appleで働いてる男性、彼もノリノリでガバガバ呑んでガバガバ喰って、お会計は持ってくれた。
そんな感じで集まってる僕たちなのだけど、今回はうちへ招待する事にした。
 
しずちゃんなっちゃんも参加して、鍋らしき物を作って、宴会が始まった。
なっちゃんとグラくんは以前一緒に仕事をしていた事が発覚したり、しずちゃんは今月ノラくんが主催するDJパーティにDJとして参加する事が決まったり(これからDJの練習をするのだけど…)となんとなく夜は、更けて行って、眠くなった人は寝て、しずちゃんなっちゃんはうちに2台ある電子レンジの内ひとつを持って帰って行った。
 
みんなでワイワイしていると、ひとりになった時、急に静かすぎて電池が切れた様になってしまうのだけど、こうして常に誰かがいる生活も悪くないなぁなんて思ったり、
いろんな人が来て、変な思いつきを具現化出来る場にして行けたらもっと面白い何かになっていくかもしれないなぁとか思いつつ深い夜がやって来る。
 

f:id:iwai_masaharu:20151216194004j:plain

写真は郵便などの配送の人がいつも困っているので手作りで作りました。