読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あいつがやったらイイって言うから…

実際に体験したことをまとめてます LINEスタンプ… 撮影… アプリの作成…

スイミングの5つの素晴らしさ

生活

わたしの趣味のひとつにスイミングがある。

f:id:iwai_masaharu:20151024130207j:plain

最近は特にハマっていて、週に3、4回行っている。毎日は行かない。毎日行くと飽きるから、何事もバランスが大事なのだ。
 
〜スイミングの素晴らしいところ〜
1位
安上がり
 
2位
時間を気にせず行ける
 
3位
荷物が少なくていい
 
4位
身体への負担が少ない
 
5位
無になれる
 
スイミングを趣味としている。10代〜70代の男女にアンケートを取った結果このような意見が聞かれました。
(※わたしの個人的な意見であり、実際にアンケートを取った訳ではありません)
 
ランキングの結果をもとに1位から順に個人的意見を述べていきたいと思います。
1位の安上がり。わたしが通っているプールは1時間250円なので格安と言っていいいだろう。他の運動でこれより安くあげようとしたら、ランニングとウォーキングくらいしか考えられません。
それに加える装備品が安価 1.水着 2.帽子 3.ゴーグル 全部合わせても5000円くらいで買えます。
 
2位の時間を気にせず行ける。わたしが通っているプールは9時から21時までやっているので仕事終わりでも少し早く終われば行けるのです。
 
3位の荷物が少なくていい。安上がりの項目でもあげましたが 1.水着 2.帽子 3.ゴーグル この3つだけ持っていればいいのです。このくらいの装備なら仕事用のカバンに入れられます。
 
4位の身体への負担が少ない。水泳は身体への物理的な刺激がないので骨折や捻挫などの大きな怪我をすることは極めて少ないです。
 
5位の無になれる。サッカーや野球などはコミュニケーションを取りながらするスポーツなので内側への思考は難しい。ランニングやウォーキングは思考するのに向いているが思考してしまうので無になることが難しい。その点スイミングは常に全身を意識的に動かしているので他の思考が難しくなるり、邪魔な思考が出る幕がなく、泳げば泳ぐほど無に近づいていく。
無に近づくことが唯一の目的の座禅と近いものがあるのではないでしょうか。
 
今回のアンケートから年齢問わず気軽にできることが最大の魅力ということが見えてきました。スポーツの秋にスイミングをはじめてみませんか!