読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あいつがやったらイイって言うから…

実際に体験したことをまとめてます LINEスタンプ… 撮影… アプリの作成…

相席屋 --リアルレポート--

2016.02.28
 

☆ 噂に聞く相席屋

兼ねてより噂に聞いてた相席屋、友人の女性は相席屋で、出会った人と付き合ったなどと話していたし、呑みの席でもよく話題に上がる。
援助交際の温床になっているではないか?何時間も待たされた挙句気づいたら高額を請求されるのではないか?と疑問は浮かぶものの、実際に行った人の話しを聞くとそこまで、いかがわしいものでは無いような気がしてくる。ならば行ってみようでは無いかと興味が湧いてくる。
漠然と興味を抱き、だからと行って行動に移す程ではなかったのだが、それは突然やって来た、下北沢で寄ったラーメン屋、店から出ると、相席屋の看板、帰るにはまだ早い時間、友人と2人、吸い込まれる様に入店した。
 

☆ 相席屋とは

 
料金
女性 
飲み食べ放題、何時間居ても無料
 
男性
最初の30分 飲み食べ放題 1500円
その後10分 500円
女性が来るまで500円 1杯(注文必須)
 

☆ いよいよ相席!

商店街のメインストリートを横に逸れた場所に、人目を憚る様にある、そのお店。

地下へと続く階段を降りて行くと、店員の男性が、システムを慣れた口調で説明して行く、そのまま席に案内される、薄暗い室内は10席程度、その半分程の席が埋まっている。
チラリと他の席を見ると、若い大学生風の男性と金髪に巻き髪の今を謳歌するのに忙しそうな女性。他の席も一様に、テニスサークル出身者もしくは、現役テニスサークルしかいない。
テニサー野郎どもを尻目に不安以外の感情がわかず、そわそわする時間を女性到着まで過ごすことになる。この間約30分。
21時10分、女性登場。一人は肩ぐらいの髪にラインスタンプのクマがセンターに鎮座した帽子を被っている20代前半と思われる女性。もう一人は一昔前の韓国人タレントを思わせる、出で立ちで、髪をセンターから少しずらした位置で分けて、ジャストフィットの袖の長いTシャツとデニム。年齢は同じく20歳前半と思われる。
ネイルサロンに毎月何万円も落としていくアマゾネスが来なかった事にまずは、安心した。
聞けば、彼女たちも初めて来たらしく、巷の噂を聞きつけてやってきたそうだ。
初対面同士たいした話しはしないのは当然で、相席屋について、下北沢と言う町について、仕事について、そんなものだ。
そんな感じで時間は過ぎていき、盛り上がったのかそうでもなかったのかよくわからないが、入る前に決めていた1時間が経ったので店を出ることにした。
かかった金額は3500円高いか安いかはよくわからないけれど、そこまでいかがわしい店では無いと思った。
一応 LINE は交換したけど、連絡が続くかどうか誰にも分からない、続いたら続編をお届け致します。
 
退屈な人生の一服の清涼剤に相席屋いかがでしょうか?
 

f:id:iwai_masaharu:20160301202125j:plain